今年1年ありがとうございました。

いよいよ年の瀬になりましたね。

慌てて部屋の大掃除をしていますが、1年の汚れはなかなか大変です。
ちょっと休憩ということで、ブログを書いています。

さて、今年1年を振り返ると本当に色々なことがありましたね。
入院、大震災、失敗プロジェクト(^^;などなど・・・。

何を書こうかなと思ったのですが、ここ最近、少し真面目に感じていることがあります。

私、秋ころから、海外ビジネス経験の豊富な方とお会いする機会に恵まれています。
お会いすると、面白い話が聞けるので楽しいのです。

で、皆さん、不思議と共通の認識を持っているのです。

「日本は10年以内、恐らくあと5年程で財政破綻する。」

こういう話って、昔からありますし?、雑誌等に載っていたりしますね。
でも、海外事情に詳しい方から、それもお会いする多くの方からこういう話をリアルで聞くと、ちょっと恐ろしくも感じます。

「非常にその確率が高い」、「そうならないストーリが見つからない」という人もいますし、
「3大通貨のドル、ユーロ、円が崩壊。これまでにない世界恐慌に陥る」という方もいます。

ちょっと調べて見ると以下のことが分かりました。
日本の財政を家計に例えると、
収入(月収)40万円に対して支出77万円。
不足分の37万円は毎月借金していて、ローン高は6,661万円。

日本の財政を家計に例えると

これだけみると、既に終わっていますね。
(成長が続けば大丈夫、日本は世界一の債権国だ、タンス預金があるよ、といった話が出てくると思いますが、割愛。)

私は、経済・財政面に疎いので細かいことはよく分かりませんが、日本は今後、急激に少子高齢化が進みますし、長期的に見て財政を上向きに上げる要因が見当たりませんね。

そして、仮に日本がデフォルトになった場合、助けてくれる国もなさそう。
(日本の経済規模からIMFは無理。アメリカは国内事情で手一杯、ユーロはギリシャ1国でアップアップ。唯一潜在能力ある?中国は恐らく助けてくれないでしょう。)

元国連職員の方とお話した中では、「分散化」というキーワードがありました。
これは、色々な考えがあると思うのですが、例えば個人でいうと収入面。
例えば、複数のポケットを持つ。そして、日本だけでなく海外でのポケットを持つ。
確かに、収入源や資産を世界中に分散できれば、例えば日本がおかしくなっても、他の方と比べて影響が小さいですね。(でも、これを実現するのはすごく難しいと思います。)

そして、「インフレ対策」。
まとまったお金がある人は金に替えて(小口に分けて)保管する。

理屈では分かりますが、正直、私自身、ピンときません。
(ですが、実際に動き始めている方が増えているそうです。)

あとは、困ったときに助けてくれる(国内外の)「人脈」。
食糧事情も悪くなるので、農家の知り合いなどは大事にしたほうが良いとのご意見も多かったです。

こうなってくると、なんだか北斗の拳の世界ですね。

少なくとも、「今は時代の変わり目であって、これまでのやり方は通用しない」という認識では一致していました。(あとは、成長している国(主にアジア圏)に注目していること、年金はもらえないと思っていることかな・・・。)

正直、これからどうなるか分かりませんが、こういったご意見も参考にする必要があるのかもしれません。(蛇足ですが、個人ベースでは中国返還時の香港の裕福層の行動が参考になるかもしれないとのことです。)

なんだか、大晦日に相応しくない内容になってしまいましたが、ここ最近、感じたことを綴りました。
このようにならないことを祈ります。

皆様、今年1年どうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)