『60億Kmの旅』

小惑星「イトカワ」から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。
ニュースでも取り上げられていました。

そんな はやぶさですが、東京 丸の内オアゾに、はやぶさのカプセル(実物)がやってくるということですので、仕事帰りに見に行ってきました。(8/17の日記を遅れて書いていますので(^^; 本イベントは既に終了しています。)

はやぶさ応援ありがとうイベント「おかえり、はやぶさ」
(※8/15~8/19の期間限定)

平日8/17(火)の夜7:30過ぎに到着しましたが、50人位の列ができていました。

陳列ブース内での写真撮影は禁止です。
仕方無いので、ブース壁面を皆さんと一緒にパシャと撮りました。

etc100817_hayabusa

実物はガラスケースの中に収められておりました。
「インスツルメントモジュール」「搭載電子機器部」「エンジニアリングモデル(模型?)」が展示されていました。(「ヒートシールド」の展示は既に終了。)
1.5mくらい離れた場所から通路に沿って眺めながら通ると言った感じで、立ち止まってまじまじと見ることは出来ませんでした。

実物は思ったより小さいのね。
これが7年の歳月、宇宙を漂ったかと思うと、にわかに信じられないですね。

ということで、実際の見学3分、待ち時間15分という体験でした。
宇宙はロマンをかき立てますね!

(参考)JAXAのページ
 はやぶさ、地球へ!帰還カウントダウン


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)