フラットとラウンド

タツノヤさんに行って、ようやくチェロの指板を買ってきました。

チェロ弾きの方はご存知だと思いますが、チェロの指板には、フラットとラウンドの2種類のタイプがあります。(私はチェロ弾きではないので)どちらが弾きやすいは良く分かりませんが、好みで決めて良いと聞いたことがあります。

タツノヤさんでも2つのタイプを見せていただきましたが、ラウンド型のほうがお値段が安かったのでこちらにしました。お値段1.5万円也。

その足で、工房に直行。
先生に指板をお見せしたところ、「僕はフラットの方が好き。この指板は厚さも結構あるから、ラウンドじゃなくフラットに加工したら?」
ガーン。僅かなお金を惜しまず、最初からフラットにしとけば良かったかもしれませんね(^^;

ということで、最初から躓きましたが、指板に取り掛かり、取り急ぎ裏面をカンナで平面出し。

黒檀は恐ろしく堅い木なのでカンナの刃の研ぎの重要性を痛感した瞬間でした・・・。


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)