アルミ製バイオリン 新幹線の車両メーカー試作

ハンマーによる手作業で新幹線の“顔”となる先頭車両を製造している板金加工会社「山下工業所」(山口県下松市)が、アルミ製のバイオリンを試作した。材質と製法を新幹線そのままに、往年の名器ストラディバリウスを再現した本格的な作品で、金属らしからぬ柔らかい音が出る。将来は自社製作した楽器で弦楽四重奏を披露したいという。

いやー、すごいですね。ガラスの次はアルミ製の楽器が登場しました。音色は柔らかいとのことですが、重さは約1kg。こりゃ、肩がこりそうですね。

記事全文はこちら。
音色は柔らか…アルミ製バイオリン 新幹線の車両メーカー試作(産経ニュース)
新幹線の技でバイオリン試作(中国新聞)


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)