バイオリン生演奏で白血病患者の症状が大幅改善

世界的に有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のバイオリニストらが白血病患者の病室で生演奏する実験を行ったところ、血圧の低下が持続するなど症状が大幅に改善したとウィーン医大の研究チームが発表した。ストレス軽減効果があったとみられる。地元メディアが6日までに伝えた。

うーん、なかなか興味深いですね。病は気からと言いますが、クラシック音楽は体に良いみたいです。(バッハは良いでしょうが、その他はどうなんでしょうね!?)

記事前文は以下から。
バイオリン生演奏で白血病患者の症状が大幅改善(スポニチ)


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)