一夜明けて

昨日の発表会から一夜明け、久しぶりにレッスン。先生に昨日のことをお聞きしたところ、実は発表会当日、熱があったそうで・・・演奏について色々思うところがあったようです。本当にお疲れ様でした。

先ずは、恒例のスケール、フラット3つのEsdur。2つ、4つ、8つのスラー付きで練習する宿題がでました・・・さらに、フラット3つのC-mollも登場。地道に練習するしかない。

続いて、ポジション移動。G線で、1の指だけの移動で、ファーストからフォースまで。まあ、上手くできないのですが、私の場合、親指が指板から出すぎているとのこと。もう少し親指を下げて、ネックとの間に空間をつくらないと、スムーズに移動させることが難しいらしい。なるほど。ポジション移動はどんな人でも練習しないと出来ないそうなので、感覚をつかむまで地道練習あるのみだそうです。

SUZUKI教本は、バッハのガボット。あちゃー。途中つっかえて、最後まで弾き通せない。どうも一旦間違えると、そこで演奏をストップしてしまう、悪い癖が染み付いている模様。先生によると、「間違えても、なんでも最後まで弾き通すことが肝心なのです。」・・・ということで、ガボットは次回までまた持ち越し。次は合格しないと・・・

続く曲は、ドヴォルザークのユーモレスク。最初4段、リズムは間違っていないとのこと。本当でしょうか?私、自信がないのですが・・・とりあえず、次回までにさらえるようであれば、最後までやってみる、という宿題になりました。う~ん、なかなか大変だ。


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)