製作日記(2005年11月)

2005年11月7日(月) スクロール、あまり進んでいません(^^;

making051107_1ヴィオラのスクロール、あまり進んでいません。まだまだ途中です。シカゴに行ったり弦楽器フェアがあったりとイベントたくさんありましたが、このままではちょっとイケマセン。はやく仕上げられるよう、明日から頑張ろう。

2台目のヴァイオリンのハギの方は、無事修復いたしました。。。

2005年11月14日(月) スクロールの形が出来つつあります。

making051114_1ヴィオラのスクロールですが、写真のようになっています。う~ん、歩みが遅いなぁ。流石にそろそろペグボックス掘りに入りたいです(^^;

2005年11月17日(木) ペグボックス彫り。

making051117_1ヴィオラのペグボックスを彫っています。うまく出来ると良いですが。とりあえず自分なりに彫って、明日、先生にチェックしてもらおうと思います。

本日、タツノヤ商会で、ヴィオラの指板材を購入。もうすぐ?指板成形に入ります。

2005年11月21日(月) 1台目のヴァイオリンの手直し。

making051121_1性懲りも無く1台目のヴァイオリンを取り出し、手直しをしたりしています。とりあえずナット。弦が通る溝の間隔が若干狭いようで、そのため、隣り合う弦間の間隔が狭く感じます。

あまり良く写っていませんが、とりあえず写真のように作り直しました。暫くはこれで弾いてみようと思います。しかし、今日、作業してみてよく分からなくなってきました。E線からG線までの幅はどの程度が適切なんでしょ?一応、15.75mmと習ってはいるんですが。これだと狭すぎるように感じるし。。。工房の壁にかかっている複数のヴァイオリン(オールドから安価な工場製品)を見ると、17mmくらいの幅が多いような。。。まあ、厳密には決まってはいないのでしょうか?

2005年11月22日(火) 指板成形。

making051122_1ヴィオラの指板を作っています。とりあえず、サイズを整え、ネックに仮付けできるような状態まで削りました。黒檀ですので堅く削りにくいのですが、なんだかんだで1日仕事になってしまいました。とほほ。。。

明日は、祝日ですね。すっかり忘れていました。工房で作業していると、ついつい世間に疎くなってしまいます。。。

2005年11月24日(木) 1台目のヴァイオリンの手直し。

making051124_1またしても1台目を手直し。ネックが少々太いようで弾きにくく感じたので、リシェイプしてみました。私にはちょうど良いかな~というくらいの太さに削ってみました。うん、かなり弾きやすくなりました(^^

ネックといえば、蛇足ですが変な話があります。数年前、ヴァイオリンの個人レッスンに通いたいな~と、とある先生宅に見学に行った際です。私が当時使っていたヴァイオリン(安価な工場製)を見て、「う~ん、このネックはあなたには太すぎる!知り合いの職人に頼めば細く加工できる。5万円かかるが、長い目で見たら得ですよ!」と。。。初対面でいきなりこんな話が出てきたのです。ちょっと胡散くさい感じがしたので結局、2度とその先生宅には行きませんでしたが。5万円って一体。。。先生の取り分、いくらなんでしょう。。。

2005年11月25日(金) ニス材料作り。

making051125_1ニス作りに使う材料は、色々とあるようですが、本日は、そのうちの一つ、テレピンレーズンを作りました。テレピンレーズンは市販のものもあるようですが、私たちの工房はテレピンから手作りするのが慣わしのようです。

危険性があるので作業はビルの屋上。あらかじめ下ごしらえしておいたテレピンを段々と熱していきます。途中、リアクションがありブクブクブクと反応が進みます。終始、強烈な煙と匂い。本当に咳き込みながらの作業です(^^;

冷ましてテレピンレーズンの出来上がり。写真の、鍋の底にガラスのように映っている黒い物体がそうです。実際にニス作りで使うのは今後ですが、ちゃんと出来てると良いですね。

2005年11月29日(火) 指板仮付け。

making051129_1ヴィオラの指板を仮付けしました。が、作業中にフト気づきました。スクロールが微妙に傾いている模様。う~ん、木を見て森を見ず、ではないですが、スクロール製作中に大きな視点から確認すべきだったかも。まあ、まだ修正できる範囲とのことですので、とりあえずは、このまま作業していきます。


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)