音階教本

lesson050516_1

所用で昨夜あまり寝れなかったので、ちょっとボーッとなりながらレッスン。しかしながら、SUZUKI2巻の「狩人の合唱」は1発で合格。確かにこの曲は、弾いていて気持ちが良かったので気持ち多めに練習した気がします。次週は、「ロングロングアゴー」に入る予定。1巻にもちょっと載っていたが、変奏曲になっているのがミソらしい。

懸案のハイドンのセレナーデは、通しで弾いたものの、音程がイマイチ。また、ちょっと危なっかしい箇所があるので、次回まで持ち越し。次はなんとか合格をもらいたいが、しかし、この曲、弾いていてあまりたのしくないような気がする(←弾けてないから、多分)

写真は、先週より始まった、小野アンナ先生著の音階教本。実は私の性格からして、あまり楽しくなさそうと思っていたのだが、続ければ効果大な気がする。単純な音階でも、3の指を押さえたまま、次の弦の1の指を押さえて弾くなど、これまで余り意識してこなかった点も判明。できるだけ練習していきたいと思います。


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)