左手の形

lesson050428_1

うーん、左手の形をしつこく丁寧に何度も注意されてしまいました。特に音階で下降する際、3の指から2の指に移るときに、3と4の指が指板から極端に逃げてしまう。。。(分かっていただけるかな? 説明が難しいです。)先生いわく、「3と4の指は押さえた位置からできるだけ動かさないこと、でないと次に3,4の指を使う際に、正しい位置をまた探す手間が出てくる。」 確かにその通りですね~。しかし、私の場合、既に変に癖がついているので、む、むつかしいのです(^^;

さらに左手の形を意識すると音階が結構悲惨な状態になってしまいます。もう少し1stポジションで左手が安定してから2ndポジションを始めることになりました(^^; 少し憂鬱。。。

リズムの練習は、事前に少々練習していったので何事もなく終了。良かった~

G線上のアリアは、練習不足がたたって指がついていかない。おまけに焦って音符の読み間違いが多数。次回までに、集中練習する予定。

写真は、次回までの課題として出された、SUZUKI2巻の「ミュゼット」。あまり難しくないので、少し練習すればなんとかなりそう。(←と思っている。) もう一つの課題の同じくSUZUI2巻の「狩人の合唱」の方が問題。


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の画像の文字を入力してください(必須)